撮影日記や日々気になったものやお気に入りなどを綴っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 写真展、ありがとうございました。 | main | ブログの名前 >>
フォトレシピ vol.1


2011092307.jpg


2011年、10月1日、土曜日。
フジカルチャーサークルさんの写真教室「気持ちを写すフォトレシピ」の第一回の授業をさせていただきました。
先行予備講座をさせて頂いてたので、そこでお会いした方、はじめましてな方を含めて9人の生徒さんが集まってくれました。


第一回目はカメラと写真。それをつなぐポイントでした。

何をもって写真とするかは人によってずいぶん違うんだな、と思います。
写真と聞いて、プリントを思い浮かべた方も居ましたし、
カメラのモニターや、データを思い浮かべた方も居ました。
それらの多様性を、一人一人の思いを受け止めたいと思いました。

そして「自己紹介+自分のカメラ紹介」を。
携帯カメラ、コンパクトデジカメ、一眼レフ。
どのカメラはどんな状況、どんな被写体の時に使い分けてる?を皆さんの写真体験を通じながら聞きました。

皆さん「なんとなく」で使い分けていたり。
今のカメラに不満を持っていても、何が不満なのか突き詰めないまま使っていたり。
カメラが出来る事を知っていないために、自分が撮りたいものとカメラのマッチングがまず出来てなかったり、それを自覚出来てなかったりもあります。

そういう、「状況」を「言語化」するところから始めました。

この「言語化」こそ、私の授業の「レシピ」の意味です。

お料理で言う、「レシピ」には、
調味料だったり、素材だったり、お料理道具をどんな風に、使ってどのように作るかが書かれています。
そのレシピは、いずれ慣れて行くうちに本を見なくても自分自身の「レシピ」が出来上がって行くものです。
慣れた人なら外食したら「この味は●●と●●を混ぜて出来た調味料だな」とか言えるようになりますね。

最終的に、受講して頂いた方々が、
自分の写真や 好きな写真を見て この写真はこんな風に撮られていて
私はだからこの写真が好きなんだな、と理解出来るような。
そして、それを自分の写真にバックして活かして行けるような授業にしたいと思っています。

そしてご自分の写真を自信を持って『大好き』と言えるような時間を作れたらと思います。


そんなこんなで初めての授業でした!
生徒さんはみなさんとてもまじめで、素敵な方ばかり。
逆にいろいろ教えて頂きたいような分野でご活躍の方が多くて!
仲良くなりたくてうずうずします。
その前でばくばく、がくがくしまくりの私でした(涙)
今思えば先生ってすごい職業ですなー!
わたしも頑張って成長しなくては〜〜てなわけで、次も頑張ります!

今日、松山はお祭りみたいですね。
私もわっしょい!な気分です。
10:27 / *写真教室 / - / -
スポンサーサイト
10:27 / - / - / -
お菓子の旅―春夏秋冬 (セレクトBOOKS)
お菓子の旅―春夏秋冬 (セレクトBOOKS) (JUGEMレビュー »)
甲斐 みのり
かわいくて見ていて癒される。それでいてボリュームもたっぷり。味のある本。
上田義彦写真集 at Home
上田義彦写真集 at Home (JUGEMレビュー »)
上田 義彦
いつ見ても じんわりとこみあげてくる一冊。 母になったからこそ 分かる 大切な物が写ってる。
Flickr!
ブクログ
qrcode