撮影日記や日々気になったものやお気に入りなどを綴っています。
<< 家族撮影で気持ちぽかぽか | main | 2013年、子育てに思う。 >>
<愛りぼん>にて家族写真展させてもらいました。
20121209-0066web.jpg


先日の「愛りぼんプロジェクト」イベントの一貫として、
「家族写真」の展示をさせてもらいました。

最初は軽い気持ちで提案したこの展示。
なんとなく、ですがきれいな風景や、癒しの写真を展示してみるのもなぁ、と当初は思っていました。
でも、イベント準備がすすみ、会場へ何度も足を運んで、場所を見たり、映画への理解も進んでいくうちに映画やイベントのもつ暖かい空気を、会場全体で視覚的に演出できないかなぁ、と思いました。


ここには「愛」を感じる写真を飾りたい!!と強く思うようになり・・・!
「家族写真展をさせてください!」とメンバーに宣言する事からスタート。
その時点でじつは展示イメージはノープラン(笑)だったので、写真を撮る事からスタート。
友人や知人にいそいでよびかけて、結果たくさんのご家族を撮らせて頂くことができました。

肝心の展示のご紹介ですが、
当日は忙しく、夜の写真しかないのがもうしわけないのです。すこしだけ。




会場はゆるやかな周り階段で、両側に大きな出窓がありました。

思いついたのはこの出窓を、各家庭の家の出窓だと思って。
そこに、各家庭が写真を飾るとしたらどんな感じだろう??と言う発想からスタート!


▼上から見た感じ
20121209-0121web.jpg



▼したから登って行く時はこんな感じ。



▼各出窓にご自宅にかざってありそうな2Lサイズの写真フレームを配置。
そして、その各家庭に置いてありそうな物をわたしの想像で置いていき。
L版の小さな写真は「りぼん」出窓ごとを長くながくつないでとめていきました。

20121209-0098web.jpg


りぼんはもちろん「愛りぼん」のコンセプトから。
「つながる」を大事にしたいなぁと思ったからです。

まったく知らない同士でもきっとどこかでつながっていて・・・
そして大事にしあう事ができるんじゃないかな〜と。


20121209-0109web.jpg


結婚したてのご夫婦から、赤ちゃんが生まれたばかりのご夫婦。
子育て真っ盛りのご家族や・・・お子様が成人されて、一段落。結婚25周年を迎えられたご夫婦まで。
たくさんの方にご協力いただき、ほんとうにありがたく思います。





忙しいなか、
一段一段じっくりじっくり写真を見ながら登って下さっている方をお見かけして。
本当にじんわりと、あたたかい気持ちになりました。



 


個人的にもとても気に入っていた空間でしたので。
たった一日という限られた時間で、終わってしまうのが寂しくも有りましたが。
撮らせて頂いた方々やご来場いただいた方に喜んで頂けて、やってよかったなぁ、と言う気持ちで一杯です。


愛りぼんプロジェクトの一員として、会場を少しでも彩ることが出来ていたらうれしく思います。
あらためて。
家族写真って、とっても良いもんだなぁ、と思います。

家族があつまったなら。
ぜひ、一枚と言わず、撮ってみて下さいね!

次は同じく「愛りぼん」のなかでさせていただいた「アルバムカフェ」についてご報告させてもらいたいと思います〜。
ではでは。
09:09 / THANKS! / - / -
スポンサーサイト
09:09 / - / - / -
お菓子の旅―春夏秋冬 (セレクトBOOKS)
お菓子の旅―春夏秋冬 (セレクトBOOKS) (JUGEMレビュー »)
甲斐 みのり
かわいくて見ていて癒される。それでいてボリュームもたっぷり。味のある本。
上田義彦写真集 at Home
上田義彦写真集 at Home (JUGEMレビュー »)
上田 義彦
いつ見ても じんわりとこみあげてくる一冊。 母になったからこそ 分かる 大切な物が写ってる。
Flickr!
ブクログ
qrcode